2016年02月05日

映画「DEATH NOTE」続編は東出昌大、池松壮亮、菅田将暉による三つ巴の戦い

「デスノート 2016」の主要キャストが発表されました。

舞台は夜神月とLとの対決から10年後、地上に存在する6冊のデスノートをめぐる3人のキャラクターによる三つ巴戦を描く作品。主人公のデスノート対策本部特別チームの捜査官・三島創役は東出昌大さん。三島は10年前のキラ事件と夜神総一郎の資料から夜神月のことを調べ上げ、研究ノートを作成するなど「デスノートヲタク」と呼ばれる人物。

デスノートを追う世界的探偵の竜崎役には池松壮亮さん。竜崎はLが生前に遺した遺伝子から生まれた、Lの正統な後継者という設定。さらに三島や竜崎を翻弄するサイバーテロリストの紫苑優輝役に菅田将暉さん。キラを神と崇める紫苑は、高度なハッキング能力を駆使して、世界中に落とされたデスノートの争奪に参戦する。

映画「デスノート 2016」は2016年秋に全国ロードショーの予定。大場さんは「6冊のデスノートということは死神もたくさん出てくることになり、もうそれだけで面白いに決まってます!」と期待のコメントを寄せた。なお新たな死神も登場予定とのことです。

東出昌大さんのコメント
今回の『デスノート』も天才対天才の対決を描き、3人の人間関係が複雑に絡み合った天才同士の三つ巴の戦いになっています。もともと原作世代なので、前作の映画も観ていたし、その10年後を演じる意義やプレッシャーも感じますが、きっと池松くん、菅田くんと共演できたからこその物語になっていると思います。前作で『デスノート』の持つ極限のテーマに魅力を感じてご覧になっていた方は、もちろん今回も楽しんでいただけると思いますし、ここから観始める方でも楽しめる作品になっていると思います。

池松壮亮さんのコメント
人間はとても愚かで弱い生き物だということを、改めてもう一度デスノートに教えてもらっているような気がします。前作から10年を経て、新たな監督スタッフキャストで、前作を超えるべく日々撮影に挑んでいます。沢山の人にワクワクしてもらえるようなエンターテイメントとして、それからこの御時世にやる意味を込めて、この作品を送り出せたらなと思っています。松山(ケンイチ)さんの作り出した歴史に残るLという凄いキャラクターを継承しつつ、やるからにははるかに凌駕するつもりで頑張ります。駄目だったらネットで叩いて下さい。

菅田将暉さんのコメント
前作を一観客として観ていたので、衣裳合わせの時や死神の造形物などを見て、「あっ、これが『デスノート』の世界なんだ」と素直に興奮しました。僕が演じる紫苑はキラを崇拝するサイバーテロリスト。役作りをする上で原作に出てくるLの2人の後継者=メロとニアからイメージを抽出しました。原作の夜神月とLの戦いから繋がる後半の物語も僕は大好きなので、そこに登場するメロとニアのトリッキーなキャラクターに現代っ子感を少し足したイメージです。演じる上で日々本当に自問自答していますが、前作を凌駕する作品になればと思っています。
posted by yu-go at 10:54| Comment(0) | スペシャルドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

天才バカボンが実写ドラマ化でくりぃむ上田がパパに

 赤塚不二夫による不滅の傑作ギャグ漫画『天才バカボン』が、スペシャルドラマとして初めて実写化されることが決定。優しくおとぼけなバカボン役は現在人気急上昇中のお笑いコンビ・おかずクラブのオカリナが、バカボンのパパをくりぃむしちゅー上田晋也、バカボンのママを松下奈緒が演じる。


 『天才バカボン』はバカボン一家の日常を描くナンセンス・ギャグストーリーで、1967年に「週刊少年マガジン」(講談社)で連載が開始、大ヒットし今なおも不動の人気を誇る国民的作品。しかしこれまで実写化は難しいとされ実現しなかった。今回のドラマの舞台は2016年で、原作の世界観や昭和の良き雰囲気も残しつつ、笑いと感動を描くという。

 キャストにはオカリナ、上田、松下ほか、レレレのおじさん役に小日向文世、おまわりさん役に高嶋政伸と個性豊かな面々がそろい、愛情たっぷりのバカボン一家ですくすくと育つ天才児ハジメちゃん役には、3歳から12歳まで1000人近くの子供をオーディションで選ばれた早坂ひららが演じることに。

 スペシャルドラマ『天才バカボン』は日本テレビ系列にて2016年3月放送予定。

posted by yu-go at 17:15| Comment(0) | スペシャルドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

特命係長只野仁スペシャル

電王堂というのは悪人が次から次へと出てくる会社ですね、大丈夫なんでしょうか(笑)只野(高橋克典)は会長秘書の紀子(櫻井淳子)の荷物持ちとして事業局長の白井(谷隼人)家で行われた妻・慶子(国生さゆり)の誕生パーティーに出席する。
パーティーに同席していた林田緑(水谷ケイ)が自殺し、黒川会長(梅宮辰夫)より特命が下る。

緑のマンションを物色している最中に、真由子(三浦理恵子)から只野に電話がかかり、緑の部屋が覗きサイトに登録されていることを知る。何で覗きサイトなんか見てるんですか、真由子さん(笑)

その後、白井と不倫関係にあった久子も殺され、話はややこしくなっていく。さすがスペシャルだけあって、この辺りでは読めない展開でわくわくしました。秘書の梨香(菊池麻衣子)の犯行のように描かれていて。

合間に一恵(蝦原友里)が只野への思いをかいまみせたり。スローダンスでの蝦原さんより、こっちの方がいいなぁ〜個人的には。

結局本当の黒幕は倉持(西田健)だったわけですが、出世のために人を殺すという感覚は一生理解できんだろうなぁ。

放送日 8月7日(日)22:00〜23:54
平均視聴率 19.3%
posted by yu-go at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スペシャルドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。