2005年11月25日

熟年離婚 第7話:ゆれる心夫の後悔…妻の迷い

善三(西村雅彦)は身から出たサビとは言え奈緒(石川亜沙美)につきまとわれて大変そうですね。金なしの冴えない中年男にそこまでこだわる理由が今ひとつピンときませんが。何ででしょ?

幸太郎(渡哲也)と洋子(松坂慶子)はそれぞれ沙織(真中瞳)と佐竹(長谷川初範)にそれぞれアプローチを受けるが、お互いのことが何となく気になっている様子。ここまで来ても、今ひとつ洋子が離婚したがっていた理由が良く分かりませんです。

みどり(片瀬那奈)が敦也(渡邉邦門)のライブに幸太郎と洋子を招待するが、幸太郎の母・喜久枝(草笛光子)が倒れたとの報を受け、病院へ駆けつけたため敦也のライブに来ることが出来なくなってしまう。イラダツ敦也に善三が「人の気持ちが分からない奴が何が歌だ」(みたいなこと)を言ったシーンがちょっと心に染みました。そうですね、確かに。

病院に駆けつける佐竹が洋子にかなり積極的なアプローチ、とまどう洋子。果たして洋子さんはどうしたいのでしょうか…

放送日 11月24日(木)21:00〜21:54
平均視聴率 16.0%
posted by yu-go at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005.10月クール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。