2005年11月18日

熟年離婚 第6話:戻れない2人…離婚後の試練

洋子(松坂慶子)が離婚届を提出し、幸太郎(渡哲也)と正式に離婚が成立する。そんな折、善三(西村雅彦)が奈緒(石川亜沙美)と浮気していると疑いを持った律子(高島礼子)は幸太郎に家を出たいと言い出す。かなり潔癖性な律子さん。まぁ実際には浮気していたわけですが。
2人で居た現場を取り押さえられた善三。多分、奈緒は他人のものが欲しくなってしまう人種なんでしょうね…

聡美(桜井幸子)の部屋に元夫からの嫌がらせが。俊介(徳重聡)は聡美の身を案じ、身を隠すように提言するが、幸太郎が面倒を見ると言い出す。孫に話しかける姿は正に好々爺と言った風情で、親近感いっぱいです。回を重ねるにつれ、洋子の離婚はただの我がままにしか見えなくなってきました。何やかやでにぎやかになった家に満更でもない様子の幸太郎。

俊介の元に司法試験合格の知らせが。豊原家では祝いの会が催されるが、洋子と善三も駆けつけるが、善三が浮気に走った心情を吐露する。何故か洋子と対面するとムキになってしまう幸太郎。しかし別れ話の多いドラマですなぁ…

放送日 11月17日(木)21:00〜21:54
平均視聴率 20.8%
posted by yu-go at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005.10月クール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。