2005年11月11日

熟年離婚 第5話:涙の別れ…最後の結婚記念日

洋子(松坂慶子)の口利きで善三(西村雅彦)の工務店に佐竹(長谷川初範)から仕事を発注することに。が、メンツ丸つぶれの幸太郎(渡哲也)は当然のように承服しない。

聡美(桜井幸子)と健志(萩原竜之介)の前に前夫が現れ、健志を引き取りたいと言い出す。俊介(徳重聡)は身を案じ、幸太郎に健志を預けることに。聡美と俊介が健志を引き取りに来るが、喜久枝(草笛光子)が聡美に嫌みたらたらと。喜久枝ばあさん、自ら四面楚歌状態ですね。

が、今まで喜久枝のもとに仕送りをしていたのが洋子だと知り、一気に氷解へ。そしてあっさりと山梨に帰ってしまう。むー、随分とあっさりと納得したもんですねぇ。もっと引っ掻き回す存在なのかと思っていましたが、ちょっと意外でした。

子ども達の企画により幸太郎と洋子の結婚記念日を祝う会が行われる。席上晴れやかな顔で離婚届を出す幸太郎。吹っ切れてしまったようですが…

放送日 11月10日(木)21:00〜21:54
平均視聴率 20.3%
posted by yu-go at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005.10月クール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。