2005年10月14日

熟年離婚 第1話:夫婦の危機、それは定年から始まった…

定年を迎えた会社員・豊原幸太郎(渡哲也)は最後の勤めのために会社へ。妻・洋子(松坂慶子)は朝からお祝いのためにごちそうを用意するが、前日に嫁いだ長女・律子(高島礼子)に洋子が光太郎との離婚をほのめかす。いきなりな展開ですなぁ。

そんなこととは露知らず、デパードで洋子のプレゼントを選んでいた幸太郎は偶然長男・俊介(徳重聡)が子連れの女性聡美(桜井幸子)と一緒にいる姿を見かける。問いつめる幸太郎、事情は後で話すという俊介。

そして食事会が始まる。ぎくしゃくした雰囲気の中、離婚を切り出そうとする洋子を止める娘達、俊介の話だと勘違いする幸太郎。タイミング悪く戻ってきた俊介と言い争いになり、耐え切れず離婚を切り出す洋子。子どもの居る前での修羅場は何とも切ないというか。やはりハレの日にはそんな話をして欲しくないなぁと思いました。

放送日 10月13日(木)21:00〜22:04
平均視聴率 18.7%
posted by yu-go at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005.10月クール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。