2005年09月02日

海猿 第9話:失われた夏を求めて

池澤(仲村トオル)が殉職したことが妻・尚子(芳本美代子)に告げられる。人生の中でも最も嬉しいことと最も悲しいことが同時にやって来る。仙崎(伊藤英明)は池澤が考えた娘の名前が書かれた紙を尚子に手渡す…

自信を失った仙崎は現場を離れ、呉の海上保安大学に行くようにとの指令が。池澤を失った哀しみから潜水士への情熱を失う仙崎。仙崎を心配する環菜(加藤あい)も仕事に身が入らず、失敗続き。冬柴(鈴木一真)から、暗に仙崎との恋愛を責められるが、それって邪な気持ちが出過ぎっす。

かつての下川(時任三郎)のバディ矢崎(布施博)も潜水士に復帰するため、呉へ。結局は矢崎の潜水士への情熱にほだされ、仙崎も池澤が愛して止まなかったこの仕事への情熱を取り戻す。それが何よりのはなむけだと思います。

環菜も仙崎を励ますために呉へ。ようやく2人の絆が見えてきたような気がします。

放送日 8月30日(火)21:00〜21:54
平均視聴率 12.6%
posted by yu-go at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005.7月クール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。