2005年08月24日

海猿 第8話:池澤、死す

予告を見てかすかな期待を抱きつつも、タイトルで甘い期待は打ち砕かれました。
ながれが2週間の長期洋上警備につくことに。池澤(仲村トオル)の妻・尚子(芳本美代子)は出産予定日間近、名前を考えるように告げる。

下川(時任三郎)は元妻の里江子(奥貫薫)に娘の唯(一木有海)とはもう会わせられないと言われる。再婚するからだと。大事な時にそばに居て欲しい、家族としてはそうなんでしょうが…つくづくしんどい職務だと思います。

環菜(加藤あい)は冬柴(鈴木一真)に「好きな人がいる」と告げる。君が幸せなら出る幕はないと冬柴。大人の対応です。

洋上、池澤に電話が。いよいよ尚子が出産のために病院へ向かおうとするが、出発前にしまっておいたお守りを尚子に持たせる。この後のことを考えると、幸せ気分には浸れませんでしたが…

そんな時、海上に遭難者が。救助された男は貨物船の乗組員で、シージャックに合ったと言う。ながれは捜索に。やがて発見された貨物船から、人質となった船長が海に飛び込み逃げ出す。仙崎らは救助に向かう、沈みゆく船長を救った仙崎、ほめる池澤。しかし次の瞬間、海賊から船長に向けて放たれた銃弾が池澤の首に…

薄れゆく意識の中、池澤がこの手に抱こうとしていた我が子、考えただけでも切なくなってしまいました。こうして思い出しながら書いているだけでもウルッと…

放送日 8月23日(火)21:00〜21:54
平均視聴率 12.1%
posted by yu-go at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2005.7月クール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。