2016年02月05日

腐女子がハマる「おそ松さん」は空前の大人気番組に

0f6b2304-s.jpg

昭和の大ヒット漫画「おそ松くん」ですが、現在テレビ東京で毎週月曜日の深夜に新バージョンが放送中。時ならぬ大人気を博しているそうですが、人気を支えているのは往年のファンではなく今どき女子とのこと。 

赤塚不二夫先生が生み出したおそ松くんをはじめとする6つ子が、20代になった設定の一話完結型アニメですが、2015年10月の放送開始以来評判が評判を呼び、爆発的な人気なんだとか。

月刊アニメ誌「アニメージュ」2月号では表紙に『おそ松さん』、付録に6つ子のクリアファイルをつけたところ、1980年3月号で『機動戦士ガンダム』のマチルダさんを表紙にして以来の重版とのこと。

さらに『おそ松さん』のオープニング曲は、音楽配信サイトで総合3位を記録し、『おそ松さん』イベントを開催中の東京・池袋の「ナンジャタウン」では、開園前に1000人以上が並ぶ時もあるという大盛況振り。お客の9割以上が20代女性なんだとか。

10代、20代の若い女性がファン層の中心になっている現実。

アニメの内容ですが、6つ子は全てニートでアイドルオタクだったり、ギャンブル好きだったりと往年の視聴者からするとその違いに驚きを隠せません。ナンセンスでシュールで、他のアニメのパロディを厭わないブラックさを含んだコメディ展開。

漫画家の倉田真由美氏によれば、6つ子がイケメンではない点が腐女子を萌えさせるんだとか。

「イケメンキャラに萌えていると公言するのは、いかにも腐女子的で恥ずかしい。でも、『おそ松さん』の6つ子はイケメンじゃないし、誰もが知っているキャラなので、堂々とハマっていると言いやすいんです」

「また、アベノミクスの効果が喧伝されていますが、若い世代はそれを実感できていない。彼女たちはブランド趣味や『三高』志向を持たず、身近にいそうな男性像にグッとくる。今の女の子たちは、親近感が持てる『だめんず』の6つ子を愛しているんです」

平成のだめんずどもは、「我が世の立春到来。イヤミな富裕層なんて時代遅れさ」と、小躍りしているとか、いないとか。

posted by yu-go at 18:54| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。